象の夢のスピリチュアルな意味と行うべきこととは?

三日月はづきです。

日本に住んでいれば動物園でしか見る機会はない象ではありますが、日本人の夢の中に登場することはよくあります。

そこで今回は象の夢の意味について詳しく解説させていただきます。

象の夢のスピリチュアルな意味と行うべきこととは?

金色の象の夢は金運アップを意味している

インドの神話で象は世界を支える存在として描かれ、仏教でも縁起の良い動物とされており、古くから重んじられてきました。

金色の象の夢は金運アップを意味しているので、コイントスや金運のご利益のある神社を参拝して相乗効果を狙っていきましょう。

とんでもなく大きな象の夢は安定感アップを意味している

大きな象は「安定」の象徴とも言われています。

この夢を見た時は、象の置物を玄関に飾ると後ろ立てに恵まれ、さらに安定感がアップしやすくなります。

怒った象が襲ってくる夢は主従関係の逆転を意味している

象は観察力に優れており、人間の「人間力」をも簡単に見抜いてしまいます。

ですのでサーカスなどで自分を調教する人間の人間力が低かったりすると

「お前なんかが俺様を手懐けられると思うなよ、なめんじゃねえ!!」

と激怒し、襲い掛かることがあるのです。

これは象の守護動物霊も同じです。

もしもこの夢を見たときは、象の守護動物霊との主従関係が逆転してしまった可能性がございます。

ですので何か最近良くないことを立て続けにしていないかを確認し、改められるところは改めましょう。

人間力の低下は良くないことが原因ですので、それを改めると元に戻り(上昇)やすくなるでしょう。

象がハンターに傷付けられる夢はガネーシャがあなた様に力を貸してくれる可能性を意味している

象とハンターといえば密猟です。

1年間におよそ2万頭が密猟されているといわれるアフリカゾウですが、密猟によって狙われるのはその象牙です。

ですが夢の中での象牙や象がハンターによって傷付けられる夢は象ではなく、ガネーシャの牙を意味します。

ガネーシャの牙はスピリチュアルでは「力を貸す」「頼もしい味方」という意味があり、この夢を見たということはガネーシャ様があなた様にお力添えをしてくださる可能性がございます。

ペラペラと日本語を話す象はカネージャがあなた様に力添えをしてくれる可能性が高いことを意味している

ガネーシャではなく、カネージャです。

こちらの神は人語を自在に操る陽気な神様で、好々爺のような話し方が特徴的です。

この特徴に当てはまる陽気な象が夢に出てきたら、それはカネージャとみて間違いございません。

そしてこのカネージャは、金運を齎す様々な神々の中でもトップクラスの実力を持ちます。

見た目では想像出来ないほど特徴的な口調の持ち主であっても、地位と能力はズバ抜けているのです。

この夢を見てから三日間は金色のものを枕元において就寝するようにしましょう。

これはカネージャへの良いサインとなりますので、あなた様の元に降臨しその力を貸してくれる可能性が高くなります。

ピンクの象が出てくる夢はピンク色の象の守護動物霊がついていることを意味している

日本では、大分県信用保証協会が「ピンクの象は幸せを運ぶ象という言い伝えがある」としてマスコットにしていたり 、英BBCがアフリカ南部のボツワナで珍しいピンク色のアフリカゾウが見つかったと報じたり、何かと話題になることの多いのがピンク色の象です。

そしてインドでは突然変異(先天的にメラニンが欠乏するアルビノ)でできるピンクの象は、幸せを運ぶ象として珍重がられたという言い伝えがあり、実際にピンクの象は幸福の存在です。

そんなピンク色の象が出てくる夢を見たのであれば「ピンク色の象の守護動物霊」があなた様を守っている可能性が高いです。

そしてピンクの象の守護動物霊のサポートとなるのが「ピンク色の食べ物」です。

桜の塩漬けや蒲鉾、明太子、桜海老、桃

など、ピンク色の食べ物は意外と多く、手にも入りやすいのでそれらのものを週に1~2回は食べるようにしましょう。

リンクが強ければ、ピンク色の象に「ピンクの色素」が伝わり、ピンク色の象の守護動物霊のパワーが強まったり霊力が安定化していきます。

最後に

象の守護動物霊がつきやすい方は、人間力が高い方やお金を強く望まれている方、上昇志向の方です。

もしもこの特徴に当てはまらなかったとしても、象の守護動物霊が

「見込みあり」

と認めればつくこともあります。

象の守護動物霊は金運や安定、幸福といったことをもたらせるとお伝えしましたが、もちろん本業である守護の方も素晴らしいものがあります。

巨体を活かしたタックルは非常に強烈ですし、迫力のある

「ぱおおおおおおおおおおおおおおん!!!!!」

という雄叫び自体が攻撃となり、小さな良くない霊は雄叫びを聴いただけで消滅してしまいます。

また、攻撃範囲も広く、集団戦にも向いております。

戦闘力や守護力が高くても集団戦には弱い守護霊は多く、良くない霊が群れを成して襲い掛かってきたらされるがままにされてしまった、というケースはよくあります。

ですが象の守護動物霊がついていれば、もし良くない霊が徒党を組んで襲い掛かってきても安心といえます。

象の守護動物霊がついていないか気になった方は、私の守護霊鑑定を受けてみてください。

通常の守護霊鑑定はあくまで「診断」だけですが、そこで終わらないのが私の鑑定の特徴です。

鑑定の流れとしてはまずあなたの守護霊を診断し、数や編成状況を把握いたします。
(※一体一体にスポットをあてた深掘りをご希望の場合は深掘り鑑定オプションをお求めください)

その次に行うのが守護霊の「指導」です。

守護霊と言いましても完璧な守護霊は殆どいらっしゃいません。
そして自分の潜在能力や長所などに気づくことができていない、守護霊も多く存在します。
経験上、現役で働いている守護霊の多くは学ぶことや吸収する力に優れており、少しの指導や促しで潜在能力が開花したり、すぐに問題点を自己解決できたりするものです。

今まで指導してきた守護霊は

・予知能力を秘めた守護霊を指導した結果、予知能力が開花
・引き寄せ能力を秘めた守護霊を指導した結果、強力な引き寄せの力が開花
・ヒーリング能力が秘めた守護霊を指導した結果、強力なヒーリング能力が開花

と、促しや指導でその潜在能力を開花させてきました。
そして守護以外のスキルが身につき、主人を更に強力にサポートすることができております。

象のような守護動物霊があなた様についているかもしれませんし、もっと珍しい守護霊がついている可能性もございます。

この機会に自分の守護霊を知りたいという方はこちらからお申し込みください。

守護霊診断総合鑑定 私に出来ることを提供致します あなたの守護霊 守護動物霊などをこの機会に把握しましょう