犬の夢のスピリチュアルな意味と行うべきこととは?

三日月はづきです。

最も人気があり、身近な動物の一つである犬。

今回はそんな犬の夢の意味について詳しく解説させていただきます。

犬の夢のスピリチュアルな意味と行うべきこととは?

犬が懐く夢は対人運アップを意味している

犬は人と人を結びつける力を持っております。

この夢を見た時は対人運のアップを意味しておりますので、積極的にさまざまな人と交流するようにしてみましょう。

白い犬の夢は幸福が舞い込むことを意味している

スピッツなど真っ白な犬が登場する夢は吉夢となります。

この夢を見た時は、幸福の受け皿に空きを作ってあげることが重要です。

そのためには食事は満腹ではなく、腹八分までに止めるようにしましょう。

食事は幸せに直結する行為ですが(特に美味しいと感じると強い幸福を感じます)食べ過ぎると幸福の受け皿がすぐに埋まってしまうのです。

ですがそうなると外部からの幸福を受け止め切れなくなってしまうので、常に腹八分までと意識するようにしましょう。

犬が狼に変身する夢は犬の守護動物霊の犬狼化を意味している

犬の守護動物霊は狼の血が濃くなると狼に変身することがございます。

この変身はメタモルフォーゼです。

進化と異なるのは、現在の種とは異なる種族へと変身するということです。

このように現実世界ではまず起こり得ないような変身が守護動物霊では起こり得てしまいます。

狼の血が濃くなる以外ですと、異種族との接触からメタモルフォーゼが起こることが多いです。

この夢を見た時は、しばらくは激しい運動を控えるようにしてください。

狼に変身してから間も無くは状態が不安定となり、激しい運動をしてしまうとより状態が不安定になってしまうことがあるのです。

犬がいじめられている夢は犬の守護動物霊のトラウマを意味している

私が知る限り、生前に主人からひどいことをされていたり、守護動物霊となってから着任した主人に良くない扱いをされていたりする犬の守護動物霊は多いです。

犬は人間にとって最も身近な動物ですので親近感も湧きやすいですが同時に舐められやすく(特に小型犬は)、良くない方の主人になってしまうとひどい目に遭うこともあるのです。

この夢を見た時は、あなた様に犬の守護動物霊がいて、その守護動物霊が対人面のトラウマを抱えているということですので

「私は決して良くないことはしないよ。

いつでもあなたの味方だからね」

という優しい言葉を念じるようにしましょう。

そうすることで守護動物霊のあなた様の信頼度や好感度が一気にアップします。

犬が遠吠えする夢は犬の守護動物霊が良くないものを追い払ってくれたことを意味している

犬が遠吠えすると魔物が逃げる。

犬のいる家には邪気が入り込めない。

といった言い伝えが古来からあります。

実際、犬の守護動物霊は良くない存在を戦わずして払うことをとても得意としております。

泥棒は犬を嫌うとはよく言いますが、その犬の声を嫌うのは人間の良くない存在だけでなく、良くない霊的存在も同じなのです。

もしもこの夢を見た時は

「いつもありがとう」

と念じ、犬を可愛がるイメージを行いましょう。

その念やイメージはすぐに犬の守護動物霊に届きますからね。

犬と走る夢は犬とのシンクロ率のアップを意味している

犬とのシンクロ率が高まれば、犬の気持ちがより理解できるようになります。

この夢を見た時は、散歩の際には少しでも良いので犬と一緒に走ってみませんか?

もちろんあなた様ご自身が、あるいは犬が足腰が良くないのであれば、無理をする必要はございません。

ですがどちらとも走れるのであれば、一緒に走った方が良いです。

ドッグランで走らせているからという方も、是非一緒に走ってください。

犬にとって走ることは大きな喜びの一つです。

そんな喜びを大好きな主人と一緒にできることでシンクロ効果が生まれ、絆が深まりスピリチュアルパワーも高まるのです。

そして人間にとっても走ることは喜びであり、幸福に直結する行為でもあります。

犬と寝ることで得られる5つのスピリチュアルな効果とは?

最後に

犬の守護動物霊はとてもバランスが良いです。

戦闘力も守護力も全てが平均以上であり、どの仕事もそつなくこなします。

そして犬の守護動物霊のイメージとして一番近いのが「銀牙 -流れ星 銀-」の世界観です。

こちらは80年代に週刊少年ジャンプで連載されていた、犬が熊と戦う異色のバトル漫画です。

犬が日本語をペラペラと喋るのが特徴的で、当時は

「犬なのに頭良すぎだろ」

という批判的な意見も数多くありました。

しかし犬の守護動物霊はあのようなイメージです。

人間のような賢さがあり、熊のような大きな動物でも果敢に立ち向かう勇敢さを持っているのです。

そして一番の特徴は主人への忠誠心です。

通常の犬以上に忠誠心が高く、主人に対して身を犠牲にしても尽くそうとします。

その根底にあるのは愛です。

私は守護霊鑑定を通してその美しい愛を何度も目の当たりにし、その度に号泣してしまいます。

強い愛は奇跡を呼び起こしますので、時には実力以上の力を発揮し、自分よりも実力が数段上の良くない霊的存在も撃退することがしばしばあります。

猫と並びポピュラーな守護動物霊でもあり、特に過去に犬を飼われていた方には高確率でついております。

犬の守護動物霊がついていないか気になった方は、私の守護霊鑑定を受けてみてください。

通常の守護霊鑑定はあくまで「診断」だけですが、そこで終わらないのが私の鑑定の特徴です。

鑑定の流れとしてはまずあなたの守護霊を診断し、数や編成状況を把握いたします。
(※一体一体にスポットをあてた深掘りをご希望の場合は深掘り鑑定オプションをお求めください)

その次に行うのが守護霊の「指導」です。

守護霊と言いましても完璧な守護霊は殆どいらっしゃいません。
そして自分の潜在能力や長所などに気づくことができていない、守護霊も多く存在します。
経験上、現役で働いている守護霊の多くは学ぶことや吸収する力に優れており、少しの指導や促しで潜在能力が開花したり、すぐに問題点を自己解決できたりするものです。

今まで指導してきた守護霊は

・予知能力を秘めた守護霊を指導した結果、予知能力が開花
・引き寄せ能力を秘めた守護霊を指導した結果、強力な引き寄せの力が開花
・ヒーリング能力が秘めた守護霊を指導した結果、強力なヒーリング能力が開花

と、促しや指導でその潜在能力を開花させてきました。
そして守護以外のスキルが身につき、主人を更に強力にサポートすることができております。

犬のような守護動物霊があなた様についているかもしれませんし、もっと珍しい守護霊がついている可能性もございます。

この機会に自分の守護霊を知りたいという方はこちらからお申し込みください。

守護霊診断総合鑑定 私に出来ることを提供致します あなたの守護霊 守護動物霊などをこの機会に把握しましょう